注文住宅の和モダン

わたしは、60代の男性です。子供が3人いてようやく独立して妻と二人になりました。妻と2人住む家を定年退職してから考え始めました。こどもがいた家は、すでに老朽化しているので第二の人生のはじまりでもあるので、家を建てることを決意しました。注文住宅のよいところは、家を作っている間、ちょくちょく様子を見に行ってそのとき、気づいたときに大工さんに直接「このように変更してほしい」とか「これをつけくわえてほしい」と言えることです。実際、お茶をもっていったり、菓子をもっていって一緒に話したりするうちに仲良くなるのでいいやすいのです。わたしは、必ず和室が必要だとおもっています。あの畳の落ち着くにおい、日本ならではの床の間、なつかしさも感じるそして、おしゃれに最先端の和モダン風にが理想であり、完成するのを待っています。とりえあず、老後のことも考えて、廊下に手すりをつけてもらったり、お風呂場やトイレにも手すりとつけてもらいました。手すりは、自分でホームセンターから買ってきて、大工さんにつけてもらいました。あと、玄関も階段ではないく、車いすが入れるように坂にしてもらって、段差をつけないようにお願いしました。注文住宅は、自分の意見が通りやすい、こだわりの家ができあがります。

漆喰を使った二世帯住宅を三重で建てるなら

薪ストーブがある一戸建てはおしゃれで冬でも温かい

私は独身の期間が長くてずっとマンションで生活をしていました。しかし、お見合いで出会った素敵な女性と結婚をしたのをきっかけに一戸建てを購入することにしました。私は自然が豊かな土地で注文住宅を建てることにしたのですが、必ず欲しかったのが薪ストーブです。薪ストーブは非常におしゃれなイメージがあったので新居には絶対に必要なものだと思っていました。私は自分の理想だけでなく、結婚したパートナーの意見を反映した家にしたかったです。住むことになる人がみんなで話し合って全員が幸せになれる家を建てた方がいいです。私はなるべく広い部屋のある一戸建てで生活したいと考えていました。そのため、2階建ての一戸建てではなく広い部屋がいくつもある平屋を建てました。私は平屋に住むことが初めてだったので、住みやすい家になるか不安がありました。そのため、知人が実際に住んでいる平屋を見学してどんな点に注意して建てれば住みやすい家にできるかじっくり考えました。私が特に悩んでしまったのは部屋の数です。現在は子供がいないので少ない部屋数でもよかったのですが、子供を育てる予定があったので部屋数を多くしました。将来のライフスタイルを考えて一戸建ての計画を練ることは非常に大切だと思います。

二世帯住宅を三重で建てるなら

木造住宅は原料が木なのでリフォームしやすい

一戸建てを建てる時にコンクリート住宅にするか木造住宅にするか迷ってしまいがちです。もし将来リフォームをする予定があるならば木造住宅にしておいた方が無難です。なぜならば、木造住宅の方がコンクリート住宅よりも増改築かしやすいからです。木造住宅の原料は木ですが、コンクリートよりも木のほうが加工しやすいです。そのため、将来増改築をするときにコンクリート住宅よりも木造住宅の方が短期間でスムーズに増改築することができます。また、木造住宅の方が自由にデザインをしやすいので、初めて一戸建てを建てる時には木造住宅を選んだ方がいいです。また、コンクリート住宅よりも原料が木の木造住宅の方が温かみのある雰囲気の家を建てる事が可能です。木で作られている木造住宅は日本の風土に合うのもいいところです。やはりずっと家族と暮らすマイホームを持つならば心からくつろげる雰囲気になるような家にした方がいいです。初めて一戸建てを建てる時に木造住宅を選ぶと失敗が少ないので人気があるのですが、気をつけた方がいいことがあります。例えば、コンクリート住宅に比べてあまり強度が高くないです。そのため、一戸建ての強度を一番重視したいならば、木造住宅よりもコンクリート住宅を選んだ方がいいです。

平屋を伊勢のハウスメーカー、工務店で建てるなら

一戸建て住宅をリノベーションするのもあり

注文住宅で建てた一戸建て住宅をリノベーションするのもありだと思います。「リノベーション」といいますと、住むにあたってはにっちもさっちもいかないような中古住宅を無理矢理にでもおしゃれにつくりかえるために行うものーといったような偏見を持っている人もいますけれど、まったくもって「そうではない!」と言えますからね。

リフォームの枠にとどまらずに、壁を取り払うなどのリノベーションを行う人は最近では増えているのです。そしてまた、先にも言いましたように、注文住宅で建てた一戸建て住宅であってもリノベーションを行う人だっているんですよ。なぜなら家族構成は変わりますから。

子どもが巣立った後に、リノベーションを行う人だっているんです。注文住宅で建てた一戸建て住宅にしても、そこに住む家族の人数が変わることは、べつに珍しいことでもなんでもないわけですから。

子育てマイホームだって、いつかは子どもが成長して巣立っていくのです。子どもが巣立った後は、空き部屋のままにしておくのは実にもったいないことでしょう。使っていない部屋がそこにあるのですから。それならば、リノベーションをして壁をとっぱらって広々とした空間にした方がいいというものでしょう。

そしてだからこそ、注文住宅で建てた一戸建て住宅でもリノベーションをする人も珍しくはないのです。家族構成などに応じて家づくりをしていくことで、より快適なマイホームライフになりますからね。

平屋を伊勢のハウスメーカー、工務店で建てるなら

平屋の一戸建ての家は夢が無い

平屋の一戸建ての家は夢が無いと思います。私が今住んでいる家は、持ち家で2階建ての一戸建ての家です。父親が10年前に買いました。私は今まで一戸建ての家に今住んでいる家を含めて2軒住んだことがありますが、やはり一戸建ての家は2階建てだからこそ夢があって良いな~と思えるんだと思います。私の親戚の家は1階建ての一戸建ての家で、何度か泊まらせてもらったことがあるのですが、小さいお子さんやお年寄りの家族が居れば住みやすくて良いのかもしれませんが、私のような29歳の成人した女性には夢が無くて嫌だな~と思います。2階が無い一戸建ての家は全て1階に部屋があるので、2階へつながっている階段に登る楽しさを味わえないですし、隠れ家的な部屋も作ることが出来ないので、一戸建ての家としての楽しさが半減してしまっているな~と思います。なので一戸建ての家を買ったり一戸建ての家を建てる時は、1階建ての家ではなくて2階建ての家にしたほうが夢があって良いと思います。子供が居る場合は特に、2階建ての一戸建ての家のほうが喜んでくれると思います。そして2階建ての部屋に天窓が付けると、天気の良い日の夜に美しい星空を眺めることが出来るので、夢があって良いと思います。

伊勢のハウスメーカー、工務店で憧れのマイホームを建てるなら

薪ストーブの暖房器具としての優秀さ!

マイホームに薪ストーブはとてもステキだと思います。薪ストーブは暖房器具としての能力がとても高いと感じています。最近では薪ストーブのある一戸建て住宅だけではなくて、マンションにも薪ストーブを導入しているお宅もあると聞いています。

そのことには大いに納得してしまいますね。なぜなら、薪ストーブって先にも言いましたけれど、暖房器具としての能力が高いですから。そうは言いましても、こう疑問に思う人もいることでしょう。「でも、薪ストーブって火を起こすの大変じゃない?」と。そこにお答えするのでしたら、「薪ストーブの火起こしは慣れたら1分以内でできる」というものです。

そりゃあ薪ストーブの火起こしは、灯油ストーブに比べたら時間はかかってしまいますよ。けれども火がついてから部屋全体が温まるまでのスピードは、薪ストーブはなかなかのものですからね。そりゃあ巨大な灯油ストーブと比べたら、やや劣るとは言えますけれど、しかし「温かさの質」は圧倒的に薪ストーブの方が上でしょう。薪ストーブの温かさはやわらかくとても心地いいものですから。

ただ、薪ストーブはメンテナンスが必要な暖房器具というのがネックでしょうか。昔の薪ストーブほどではないにしても、マンションで使用されているようなハイテク薪ストーブにしましても、やはりメンテナンスが必要ですから。けれども数年に1度ペースで対応することもできますから、それほど金銭の負担もないでしょう。それにも増して、暖房器具としての能力の高さに魅了される人がいるのもわかりますよ。

伊勢市で新築一戸建ての注文住宅を建てるなら

漆喰を使った注文住宅のメリット

漆喰とは、海藻や藁を炊いたり熟成させたりすることで作られた粘土質の建材です。一昔前は建物の壁などによく使われていたのですが、近代になってからは壁には、ベニヤやビニールクロスなどが使われるようになりました。こられは比較的安価で製造できる上に、手軽に壁に設置できるからです。
しかしどちらも化学物質のホルムアルデヒドを放出するので、多用すればそれだけシックハウス症候群のリスクが高くなります。それを懸念する人々から、最近では漆喰を使った注文住宅の需要が高くなってきています。
漆喰は、ホルムアルデヒドを放出しない建材です。しかもむしろ、漂っているホルムアルデヒドを吸着することで、空気を浄化させます。
さらに空気中の余分な湿気も吸収するので、漆喰を使った注文住宅では、カビや結露などの湿気によるトラブルが防がれやすくなります。加えて、抗菌効果や防臭効果も期待できるのです。
建売住宅では、先述したベニヤやビニールクロスが使われることがほとんどです。そのため、漆喰を求めてマイホームを注文住宅にするという人は増えています。

松阪で自由設計の家づくりなら

注文住宅で人気の外観とは

注文住宅と言っても、それなりにファッションと同じようにデザインの流行などがあります。
そこで、ここでは、注文住宅の中でも人気の外観についてご紹介しましょう。

やはり、最近では、無駄なものを省くというのが人気となっていますが、注文住宅、家においってもそれは言えます。
そこで、門などをすべて取っ払って、オールフリー状態、開放感抜群な注文住宅にする方が多いです。

ただし、これは、後々、隣の人から敷地をお互いに確保するために、塀や柵などを設けられることがあるので、見た目が変化することもあります。

さらに、今の時代、その素材の良さをそのまま使うということがとても流行っていますよね。
家の外観にもこういったものを使用するのが人気となっていて、カットしたままの木材であったり、完璧にコンクリートが固まるのを待つのではなく、あえて中途半端な状態の漆喰のままにして、スタイリッシュにみせたりする外観が、注文住宅でもはやっています。

松阪で和モダンの平屋を建てるなら

薪ストーブのある木の家の作り方

薪ストーブというのは、欲物語にも出てきて、小さい時からこれが家にあればなんて思っていた方もいるのではないでしょうか。
さらに、木の家ともなれば、メルヘン感は最高です。

そこで木の家で薪ストーブを持つならば、どんな家にすればいいのかをご紹介しましょう。

まずは、これを、新築で建てるのであれば、間違いなく業者さんに相談すれば、すぐに、そういった業者さんを紹介してくれます。
特に、今はナチュラル志向の方が増えていたり、海外でその経験を生かして建築をしたことがある人が日本でも木の家や薪ストーブを使った建物を建てている人がいるので、ネットや口コミを見れば一目瞭然です。

現在では、木材を中心的に取り扱う業者が全国的に色々できています。
(逆にこういったものは、都心より地方が多いです)
ですので、そういった業者に連絡し、薪ストーブを一から設計士、木の家に取り付けてもらう、そうやってしてもらうと、あなたの好みの家が出来上がります。

ただし、薪ストーブもそれなりにメンテが必要で、薪も燃えやすい木材などをいつも必要とすることを頭に入れておいてください。

伊勢で薪ストーブの住宅見学会に行くなら

和モダンの注文住宅はどんな感じ?

和モダンで注文住宅を作る際には、玄関からちょっとした配慮が必要で、元々下駄を脱ぎやすいようにしていた、ちょっとした段差のある玄関は、情緒もあり、和モダン的な要素も取り入れていて、おすすめですし、それなりに空間のあるものを作り上げてください。
ちなみに、意外と、バリアフリーを求める方にも使いやすい段差になっています。

和モダンにしたいとは言っても、リビングには今や、とこの間よりも、ダイニングテーブルセットを置いて、そこで家族団らんを楽しむという家族が増えています。
ですが、注文住宅で和モダンに仕上げるならば、注文住宅ならではの、掘りごたつ形式で、通常は、床として使用できるスペースの一部を取り外し、そこにテーブルを持ってきて、床に直接座れるようにするのです。

今ではこういった家は、注文住宅出なけらばできなくなっていますし、あると便利なスペースとなりますので、これを作ることで、和モダン、そして、家族のだんらんにつながります。

伊勢市で新築一戸建てを建てるなら