漆喰を使った注文住宅のメリット

漆喰とは、海藻や藁を炊いたり熟成させたりすることで作られた粘土質の建材です。一昔前は建物の壁などによく使われていたのですが、近代になってからは壁には、ベニヤやビニールクロスなどが使われるようになりました。こられは比較的安価で製造できる上に、手軽に壁に設置できるからです。
しかしどちらも化学物質のホルムアルデヒドを放出するので、多用すればそれだけシックハウス症候群のリスクが高くなります。それを懸念する人々から、最近では漆喰を使った注文住宅の需要が高くなってきています。
漆喰は、ホルムアルデヒドを放出しない建材です。しかもむしろ、漂っているホルムアルデヒドを吸着することで、空気を浄化させます。
さらに空気中の余分な湿気も吸収するので、漆喰を使った注文住宅では、カビや結露などの湿気によるトラブルが防がれやすくなります。加えて、抗菌効果や防臭効果も期待できるのです。
建売住宅では、先述したベニヤやビニールクロスが使われることがほとんどです。そのため、漆喰を求めてマイホームを注文住宅にするという人は増えています。

松阪で自由設計の家づくりなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です